伊江島では、時折スコールが降るようになった


長い間雨が降らず、水不足に悩まされていた伊江島です。
2か月以上ほとんど降水がなく、からっからに干からびてました。

でも9月3日夜に、6月19日以来の大雨が降り、その後は時折スコールも通るように。
待望の雨〜!!

20170912a

ただ9月3日の豪雨では落雷・停電が起こり、伊江島ダイビングサービスの無線ルータは逝ってしまいましたとさ(涙)

「雨乞」旗の効果?!


製糖工場の前に立てられた「雨乞」の旗は、最初4本でした。
しかし、あまりに雨が降らないので、旗は十数本に増えました。

20170902a

9月2日、3日に行われた、伊江島青年会の旧盆巡回エイサーでは、小さな子供がチョンダラー(道化師)役になり、この「雨乞」旗を持ってまわったんですよ。

さすがに天の神様もかわいそうに思ったのか、エイサー終了後に素晴らしいタイミングで、豪雨を降らせてくれました。
製糖工場の測量で、55个世辰燭修Δ任后
(雷・停電まではやりすぎだけど)

ご心配をおかけした伊江島の干ばつも、一安心です。
だから、台風18号は来なくてもいいです。
だんだん東寄りの進路になってきていますが、あまり手前でブーメランしないでね。

台風の進路に当たる皆さまも、どうかお気を付けください。


伊江島ダイビングサービスのサイトは、日々進化中。
伊江島ダイビングサービスのFacebookページに、「いいね」をお願いします。


それではまたね