今日は、サンゴの日です。
サンゴの日は、1996年に世界自然保護基金(WWF)が制定した、まだ新しい記念日ですね。
ちなみに昨日は、3月4日、三線(サンシン)の日でした。

沖縄のサンゴ礁 1998年の大規模白化から回復


沖縄は1998年の地球温暖化による海水温の上昇で、著しいサンゴの白化現象がおこりました。
そして、沖縄県全域のサンゴが、ほぼ全滅してしまいました。

伊江島ではこの20年間、再びの白化や回復を繰り返しました。
オニヒトデやシロレイシガイダマシなどの食害もあります。
有害生物は、ダイバーや海人の地道な努力で駆除してきました。

伊江島の復活したサンゴ

その結果、今ではほぼ元通りのきれいなサンゴ礁に回復しています。
特に、浅瀬のサンゴは素晴らしいです。

3月5日はサンゴの日 伊江島のサンゴ礁

サンゴのような繊細な生物は、環境の変化に敏感です。
サンゴの日が、サンゴだけでなく自然を見つめる機会になればいいなぁと思っています。

サンゴの日 記念 沖縄まつり in サンシャインシティ


池袋のサンシャインシティでは、今日明日の2日間、「サンゴの日 記念 沖縄まつり in サンシャインシティ」が開催されます。
3月5日「サンゴの日」を記念して、サンゴにまつわるワークショップや、沖縄の海を堪能できる3Dシアターコーナー、豪華沖縄グッズがあたる抽選会に参加できるスタンプラリーなど楽しんで学べるイベント盛りだくさんの2日間!

サンゴの日 記念 沖縄まつり in サンシャインシティ

場所:アルパB1催事場
日時:3月5日(土)3月6日(日)10:00〜18:00
主催:沖縄県、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー

伊江島も出展しています。
伊江島民泊の民家さんが作った、サンゴや貝殻のストラップも無料配布していますよ。

今週末、ダイビングに出かけない方は、池袋で沖縄の海を感じてくださいね。
お待ちしてま〜す。


伊江島ダイビングサービスのサイトは、日々進化中。
伊江島ダイビングサービスのFacebookページに、「いいね」をお願いします。