冬の寒くて、果物や花の少ない時期に、イソヒヨドリが伊江島ダイビングサービスのテラスにやって来ます。

いや〜、一昨日は本当に寒かったですね。
伊江島でも、みぞれや雪あられが降りました。

今回は特別に寒かったのですが、食べ物の少ない時期に、イソヒヨドリのメスが食べ物をねだりにやって来るんです。

伊江島ダイビングサービスのテラスにひよちゃん到来

伊江島ダイビングサービスのテラスって、下の写真の感じです。
一昨日の暴風の対策で、ハンモックやテーブルは撤去してあります。

ここに、イソヒヨドリが来るんです。

伊江島ダイビングサービスのテラス

もう顔なじみなので、私はひよちゃんと呼んでいます。
ひよちゃんは、テラスの端っこに止まって、様子見をします。

私がひよちゃんに気付いて、キャットフード(ドライタイプ)を投げると、ひよちゃんは用心深げに近寄って、キャットフードを食べます。

伊江島ダイビングサービスのテラスに来たイソヒヨドリ

野生の鳥なので、なついたりはしませんが、うちに来るとご飯がもらえるのは、わかっているみたい。
イソヒヨドリって、頭いいんですね。

ちなみに、パパイヤやその他の果物、トマトなんかが実る時期は、人間より早くつついて食べてしまいます。
これは迷惑。

まぁ、冬の寒い時期に、鳥さんにご飯をねだられると、あげちゃいますよね。
ひよちゃんは、5粒くらいでお腹いっぱいになるみたいで、最後の一粒はくわえて飛び去ります。
ちょっと可愛い。

早く暖かくなって、ひよちゃんたちの食べ物が豊富になるといいね。
でも、うちのパパイヤやトマトはつつかないで欲しいぞ。


伊江島ダイビングサービスのサイトは、日々進化中。
伊江島ダイビングサービスのFacebookページに、「いいね」をお願いします。